北京古観象台

北京古観象台に行ってきました。
追記:
北京市建国門近くの立体交差橋南西側の東裱褙胡同2号一帯にある。
中国の古代天文観測器具と古代天文学の成果を展示するための自然科学類の遺址博物館であり,1956年に正式にオープンした。国の重要文化財保護指定を受けている。
古観象台はもとは観星台と言われ,明・清の時代の天文観測センターであり,明の正統7年(1442年)に築造が始まり,世界で最も古い天文台の一つであり,既存の天文台の中で最も長期間連続的に観測が行なわれていた天文台の一つでもある。
同古観象台は高さ14メートルのれんがづくりの観星台と紫微殿,漏壷房,晷影房などからなり,敷地面積は1万平方メートル,建築面積は3800平方メートル。
灰色のれんがづくりの観象台の上には8点の大きくて精緻な清代の天文観測器具が展示されており,いずれも青銅製のもので,ほんものそっくりである。
いまでも,一部の器具は実際に天文を観測できる。

c0167860_0504373.jpg
c0167860_0511178.jpg
c0167860_0513986.jpg
c0167860_052135.jpg
c0167860_0524393.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←ランキングに参加しています。ポチっと一票お願いします。
[PR]
by yingjingjing | 2008-11-06 00:54 | 風景


<< お知らせ 爨底下村 その3 >>